番外編 新宿御苑(2024.5/5観光名所⑤・東京都)

最近、信長の野望『出陣』アプリにハマってます、まだ始めて1週間ほど。オススメです

簡単に言うと出陣はドラクエウォークの信長の野望

 

天下布武の武を歩と書いて【天下布歩】

自身の足で歩いて領土を拡大したり、武将を集めたり、資源を獲得していくスマホ位置ゲームです。 全国各地の市区町村などが複数の区画に分けられており、それぞれに1つずつ拠点が存在。 区画内で拠点をタップすると、拠点戦が発生し合戦を勝利するとその拠点を領地にすることが可能。

 

より多く歩いた者が強くなる戦国ウォークアプリ

もちろん無課金でやってます

これを知ったのは4月末のことで甲府旅行直前。

まさに今の私にピッタリだと思い始めてみました、また名城訪問で入手できる武将もいて甲府旅行の際、武田氏館にて武田信玄をゲット☆

今回は江戸城に行き、徳川家康をゲットしようと代々木駅から江戸城へウォーキング。

 

そのついでの寄り道がこちら

いきなり現れた新宿御苑が無料開園してたので観光することにしました

実はすぐ近くの鳩森(渋谷区)という場所で3年半、勤務していたことがあったんですよね、存在知ってたけど一度も行ったことなかった

 

快晴もありこの看板で予定していなかった歩行者の方々がどんどん吸い寄せられてましたね

 

アプリを起動して乗り込みます

 

 

新宿御苑は、江戸時代に徳川家康の家臣・内藤清成が江戸城西門警固の功績を認められ

東は四谷、西は代々木、南は千駄ヶ谷、北は大久保にまでおよぶ広大な土地を賜った大名屋敷がルーツといわれています。

明治維新後に国営の農事試験場が創設され、宮内省の御料地を経て、明治39年(1906)に皇室庭園として誕生しました。 国際外交拠点のパレスガーデンとして発展し、昭和24年(1949)に国民公園として一般に公開されました。

 

都会の喧騒を忘れさせる新緑のオアシス

後ろのタワマンや高層ビルが『あーここは新宿なんだよな』って景観的に目についてしまいますけど。

代々木にあるdocomoタワー

嫌でも視界に入るがな

 

暑いけど気持ち良い散歩になる

至福の森林浴

 

なにか中国ぽい建物があります

 

旧御涼亭は台湾閣としても知られており、当時は旧日本帝国の一部であった台湾在住の邦人から寄贈された建物。1926年に天皇となられた裕仁皇太子(1901~1989)の1924年の御成婚を記念して献上されたものとのこと

 

この御休息所は日本庭園を一望できる広く開放的な空間で、当時の新聞では「水の上に建つ御休息所…夏の御散策の際に涼をとる建物」と言及されています。

 

大温室(植物園)

植物は興味ないですが、見たことないような変わった植物を見に寄りました。

 

入口から植物の量に圧倒されました

 

中はジャングルのようです

 

見たことない植物が現れていく

 

これなんてベルセルクの『蝕』で出てきてたのと似てる

 

新宿御苑を出て新宿通りを突き進み無事江戸城にて徳川家康をゲットしました

 

今回、江戸城はほぼ観光せずとにかく徳川家康を獲得するため景観よりスマホを気にしてたので江戸城はまたの機会でゆっくり観光します

 

新宿御苑

・交通アクセス

新宿駅からならだいたい徒歩15分以内で着く

最短は

メトロ副都心線新宿三丁目」駅E5出口より徒歩5分

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前」駅出口1より徒歩5分

都営新宿線新宿三丁目」駅C1、C5より徒歩5分

 

第23登城 甲府城(2024.5/1日本名城25・山梨県)

3日目、雨です☔

旅行で1日は必ず雨に当たります、雨男かもしれません

まぁ今日は甲府城甲府駅の目と鼻の先にある)のみなのでいいか

 

甲府城

小田原征伐を遂げた豊臣秀吉江戸城に入った徳川家康への備えとして豊臣政権下(浅野長政・幸長父子)で築城を開始し、関ヶ原の戦いがあった慶長5年(1600)頃までに完成をむかえます。

江戸時代に入ると、甲府城は徳川氏のものとなります。甲府江戸城が攻められたときの将軍の避難場所の役目も持ち、歴代甲府城主には、家康の九男義直、2代将軍秀忠の三男忠長、3代将軍家光の三男綱重などが就いています

徳川家が就いてるというだけあり甲府城がどれだけ重要視されていたことが伺えます

甲府の由来って甲斐の府中の意味なんですよね

武田家は滅亡後なので信玄とは無関係のお城です

 

 

 

甲府駅到着、この城変わってて駅の中に城があるんですよ

というか、線路に分断されて城が分かれています、つまりどちらの出口から出ても城が目の前にある。

基本的に城巡りに際して交通アクセスや営業時間、休館日、スタンプ設置場所は必ず抑えてますが、見どころや画像検索は到着してからリサーチしてるので現地にてこういった発見で驚くことがよくあります。

 

一旦、外に出て雨の日の信玄公像を本日も確認

こんな雨でもどっしりしてらっしゃる

私もスリップ、転倒事故ありませんように。

 

 

私が入城したのは鍛冶曲輪門から

 

甲府城は江戸時代、享保年間の大火により城の本丸御殿や銅門を焼失するなど次第にその壮麗な姿は失われていきました。明治に入り廃城し取り壊され、残された城跡一部が舞鶴公園として開放されたようです。その後昭和になり舞鶴城公園となります。今は自由広場って感じ

 

 

雨だからほとんど人がいませんでした

外国人観光客が通訳ガイドさんと2人で来てて、石垣に触れたり門の中から天井の写真撮ってたり熱心に話を聞いてる姿に好感持てましたね

 

 

ここは上がっとかないとですね

 

見晴らしより今は寒いですね。。

 

 

昨日登城した武田氏館や要害山城が右のあれか。

ここは向こうから丸見えだろうね、小田原征伐後の築城開始となると群雄割拠の戦国時代ではないから、いくら備えのためと言っても合戦も減り山に城を築く時代ではなくなってきたんだろうね。

 

明治天皇御登臨之址

明治13年明治天皇甲府城内の勧業試験場で葡萄酒の醸造を見学したのち、この天守台に登られたそうです。その記念碑か

 

入城時からこの城郭の横で突き出てたのはなんだ?とずっと気になってました。

調べたら明治時代、大水害が頻発して荒廃した山梨県内の山林に対し、明治天皇が災害の復興にと皇室の山林を県に供与したことによる謝恩碑でした。明治天皇は全国巡幸を行なってるんですよね

 

本丸櫓跡

寒くてここは上がらなかったので下から石垣を。

 

冒頭の写真が稲荷櫓でこちらがスタンプ設置場所となります。

 

あ〜さぶかった⛈

 

中は博物館みたいな感じ

この1616年に城主になった忠長は2代将軍の秀忠と江(浅井長政お市様の三女で茶々の妹、大河の主役にもなりました)の次男なんですよね。

兄が3代将軍で超がつくほどのサラブレッド

しかし1632年、度重なる問題行動を起こしてついに兄に切腹を命じられてしまいます。

 

名だたる大名たちの中に浅野さん!!

 

 

ラスト、二重の石垣

 

もう寒いのでこれにて。

 

こんな冷えた身体には

 

 

これしかない👅

 

 

猪肉ほうとういきました

人生初の名物ほうとうと猪肉でした、高かったけど美味い、五臓六腑に染み渡る!

思った以上に量があり、お腹いっぱいでした

 

 

そしてさらばです甲府〜、行ってよかった❗

 

翌日チェックアウト後は昇仙峡とか信玄堤も考えましたが、やめてホテルからウォーキングして甲府駅中央本線三鷹駅

三鷹からウォーキングで帰りました。

 

もはや機能してない案内標識

 

最後に温泉♨は行かなかったけれど今回泊まったのが山本裕典でお馴染みのリブマックスホテル

ここは温泉行った気になるほどよかった。

(人が多く写真撮れなかったです)

 

源泉100%掛け流しの天然温泉でバイブラ超音波風呂、超音波風呂、水風呂、檜風呂にサウナ。さらに階段上がると屋上に露天風呂もあり薬草湯やワイン風呂まであった。

これを最初の2日間は利用せず雨で冷えた最終日になって行って、ここまで大浴場が完備されてることに気づいた私は馬鹿でした。

バイブラ風呂→サウナ5分→上がり湯→バイブラ風呂→サウナ5分→上がり湯を年甲斐にもなく繰り返し入った

今夜のみの堪能しかないので1時間半はいました、サウナ内にあるテレビで何度もバンホーレ甲府の情報を仕入れては5分の長さを感じました。

総括すると山梨だけあって天然温泉に力を入れてるのがよくわかる。1回しか利用しなかったのは自分のミス。値段も手ごろでアクセスが最寄りの竜王駅からは距離あるが軽いウォーキングには本当によかった。

 

甲府旅行、東京から近いしまたいつか来る気がしますね。

 

甲府城

・スタンプ設置場所

甲府城内稲荷櫓の中

・交通アクセス

甲府駅徒歩2分

 

第22登城 武田氏館(2024.4/30日本名城24・山梨県)

要害山城から坂道をコロコロと下り、武田氏館へ

 

武田氏館(躑躅ヶ崎館)

現・武田神社

信長の野望やってると武田氏館ではなく躑躅ヶ崎館のほうが親しみある。甲斐信濃守護職でお屋形様ですしね。

 

武田氏館行く途中、横田高松屋敷跡があった!

墓や像ではなく屋敷跡かい!と思ったが信虎と信玄の二代に渡り、仕えた猛将の屋敷ですから発見出来て嬉しい

 

大河『風林火山』のキャストを()に

信玄(市川猿之助)は二度、北信濃の大名の村上義清(永島敏行)に敗れてますが

一度目の敗北は1548年上田原の戦い

ここで配下の板垣信方千葉真一)や甘利虎泰竜雷太)が戦死

この戦死は戦国史好きから、どう表現するのかと思ってましたが涙なくして語れないってやつです。

 

ちなみに千葉真一竜雷太は映画『戦国自衛隊』でも共演してますね、で、この映画ではタイムスリップした自衛隊が上杉軍と手を組み武田軍と戦うわけですから何かの縁。

(それ言うとその縁は千葉真一の息子が『どうする家康』で武田勝頼を演じていくわけですが。)

戦国自衛隊での千葉真一は一騎駆けして本陣に突っ込み信玄の首を取る、竜雷太は機関銃の弾がなくなりピストル一つとなってしまい武田騎馬隊に追われ戦場真っ只中、草むらに逃げ込んだら名も無い少年兵役の薬師丸ひろ子と出くわし相討ちする

竜雷太の死ぬ直前の『まだ子供じゃないか。。せ、戦国時代。。』は名シーン)

戦国自衛隊は私の好きな映画トップ5に入る名作中の名作だと思ってます。いわゆる今、流行ってる異世界転生ものや、なろう系の先駆けですね。

ジョー山中や隊員として出演してる高橋研の歌も戦国時代にタイムスリップして戸惑う焦燥感や中盤から躍動していく自衛隊の世界観にピッタリの選曲!ここぞの場面で流れてきます!

キャッチコピーの『歴史は俺たちに何をさせようとしているのか』

この発想と完成度でもう半世紀近く前の映画とは思えない、高度経済成長期間もない日本が元気だった1979年制作のこの合戦シーンは大河でも今後作れないでしょう。角川全盛期!

 

 

 

甲府だけに興奮して話が脱線しました💦

 

信玄二度目の敗北はこれまた村上義清戦で1550年砥石崩れで戦死したのがこの横田高松です。

しかし『風林火山』では出ないのです😢

たしかに信玄より20歳くらい年上の山本勘助が主役で武田配下の武将ほとんどが信虎時代からいるので若き信玄(晴信)を諌める重臣役がかぶり過ぎるのもありますよね。しかも上野原が劇的な敗北だったしこの演出、二度は不要かと判断されたな。

まぁそのぶん、幸村のおじいちゃんの真田幸隆佐々木蔵之介)の出演シーンが多く、主役の山本勘助内野聖陽)の友人&ライバル的な感じで序盤から出てたし調略でこの砥石城攻略してくれたからいいか。。

 

要害山城から下ってきたので大手門から入城

武田氏館は別名、躑躅ヶ崎館であり、現在は武田神社となってます。

強力な勝運、金運などの神様が祀られてます。

 

参拝客多かった、ん〜やっぱり正門から入りたいな。

 

ということで、正門から。

武田氏館は1519年に武田信虎が築き、信虎、信玄、勝頼の武田氏三代が居住し、政務を執り行った館の中心で武田氏の本拠

背後に詰め城として要害山城を築き四方を水掘りと土塁で固め、周囲に曲輪を配置し、それを水掘りや空掘りでつなぎ防備を固めている

勝頼が新府城へ移転する際に一時破却されましたが、武田氏滅亡後に甲斐国の統治拠点として織田・徳川・豊臣氏の家臣団によって再利用されました

こう見ると甲斐国統一してるし武田氏館も要害山城も築いた信虎って有能だよなー

信虎追放の理由に信虎は信玄ではなく信玄の弟の信繁に家督を継がせようとしてた説もあり、信玄を評価出来なかったのは痛い

そりゃ甲斐に戻りたかったよね、映画『信虎』でも最晩年の年寄りのくせに口がたつわ、たつわで信長との決戦に挑む孫の勝頼に口出しまくってた、悪逆無道と言われながらも、追放されながらも武田家は大事なんだ

 

ちなみに後ろ振り返ると道がどこまでも続いてます、良い景色でした。

 

鳥居の手前に喫煙所あるの斬新すぎる

吸うならここで吸い溜めしてから入れってことか。ただここで吸ってたら撮影者には邪魔だろうな〜。。

 

 

そして

立派な神社です、元旦は参拝客5万人が来るらしい

 

姫の井戸は信玄公の娘が誕生した時、産湯として使ったことから名付けられたそうです

武田水琴窟は竹筒に耳をあてましたが無音でしたね

 

これトイレですよ、驚きましたよ

 

吉田義輝顕彰碑とあったがこの石碑はちょっとわからなかった、でも石碑でかかった

 

甲陽武能殿

実際に能楽を始め神楽また演武などイベントの際には使われてる舞台

 

現在進行で発掘調査もしてるんですね

 

なぜか武田神社の中にキティちゃん像が?

調べてみるとキティちゃんで有名な「サンリオ」の創業者は山梨県出身

サンリオの社名の由来は、山梨県出身の創業者が『山梨の王になりたい』との意味で音読みで『山梨王(サンリオ)』と名付けたと言われる説があるようです、あくまでも説。

マジか!?爆進王やオペラ王みたい。

つまり競走馬ならサンリオーですね。

 

スタンプは神社内、宝物殿の中の受付の横です

中は有料ですが、撮影NGなのと時間がなく受付の横でスタンプのみ押印、すんません😅

入口の信玄公像はかっこよかったですね

背景の風林火山の文字も良し。これだけは撮りました

 

 

武田神社の目の前のお土産屋

帰りは武田神社から甲府駅へのバスにした

 

バスの時間調整も兼ねて小休憩、きな粉と黒蜜の信玄アイスはとりあえずマストで。

信玄餅は幼少期に親戚などの土産で一生分は食べ尽くしたため遠慮した)

 

 

甲府駅

藤村記念館で撮った躑躅ヶ崎館の模型

 

今日は天気良いので快晴時の信玄公像をパシャリ

「疾きこと風のごとく、徐かなること林のごとく、侵略すること火のごとく、動かざること山のごとし」

風林火山の軍旗は敵軍を戦慄させたことでしょう

 

イカした自動販売

 

最後に甲府駅南口にて信玄公像の前の信号渡ったとこにある『ご当地マンホール』

武田信玄風林火山のマンホール!

 

最近、始めた信長の野望 出陣アプリのため甲府駅から竜王駅までウォーキングする

 

2日目も疲れた、ホテルは素泊まりなのでまさに寝るためだけにある

 

武田氏館(躑躅ヶ崎館)

・スタンプ設置場所

武田神社宝物殿(入口受付にあります)

武田神社神府集札授与所(ここあったか微妙です)

・交通アクセス

甲府駅北口からバスで10分

 

第21登城 要害山城(2024.4/30続日本名城128・山梨県)

2日目は要害山城から

「要害」という単語を調べると

地勢がけわしく、敵を防ぐのに適している所。とある

 

要害山城は1520年武田信玄の父、信虎が緊急時に立て籠もる詰の城として積翠寺丸山に要害城を築きました。登城前からこれは気合いの登城だと思ってました、その名の通りまさに要害でしたね。

 

まずは体力温存の為、一駅ですが竜王駅から甲府駅は電車で。

 

甲府駅到着、南口にさっそくいました

武田信玄公像です。軍配持って床几にどっしり座ってるイメージそのままのお屋形様です。

もう地元のシンボルですね、待ち合わせとかハチ公やイケフクロウのように『10時に信玄公の前で〜』って会話があるんでしょうね。

私の世代だと武田信玄なら大河『風林火山

市川猿之助(当時は亀治郎)が演じてましたね

武田の衰退とリンクするからあの事件は忘れたいところ。。もちろん主役の内野聖陽も味が出ていた。あと千葉真一竜雷太、永島敏行も。

村上義清戦の上田原の戦いで信玄は変わった。

そしてGACKT信長の野望で女謙信(上杉謙信女性説)はGACKT似だった。風林火山今川義元役の谷原章介といいこれまでのイメージを変える大河だった。

 

あー久々に風林火山見たくなってきたなー。

 

 

北口には信玄の父、信虎がいました。

風林火山』では山本勘助内野聖陽)の妻を斬り、恨みを買って最終的に信玄に追放されます、仲代達矢が演じてました。

あと最近見たのが

山梨県の「こうふ開府500年」記念事業として製作された映画『信虎』

信玄ではなく信虎にスポットなのか!と月額してるDMM動画で見ました。

47歳で息子の信玄によって追放された武田信虎寺田農)が信玄の死後、80歳にして隠居していた京から甲斐に帰国し、後継者武田勝頼と対立しつつも武田家存続のために奔走する話

この銅像の見た目のまま寺田農が演じてましたね。

 

毎回、銅像に立ち会う度、見てきたドラマや映画と重なって思いにふけるんですよね。この親子の銅像前で30分以上を要しました。

 

よし、行くぞ😀

 

要害山城へは甲府駅北口から1日に3本しかないバスで行くしかない、またそれも手前の積翠寺までしか行かないので積翠寺からはウォーキングとなる。

さらに言うと3本のバスは7時台、11時台、18時台のみ(帰りも同時間)となるので行きか帰りはバスの選択は捨てるしかない

私は行きに利用することにして11時台のバスで積翠寺へ向かった(坂道は帰りのほうがラクなのと武田氏館も観光するため)

 

登城口に到着、駐車場もありそこそこ人がいたな

 

ストレッチして虫除けスプレー振りまいて

軍手とマスク装着していざ登城

 

山城はスニーカーでは厳しいとわかったので今回からトレッキングシューズを事前に購入。

この1回のためデカリュックを重くしてまで持参してきました、これは傾斜道でもすべらんなぁ〜!

あとよく見る蛍光色の尻尾のヤモリはあれ夜だと光るんですかねー。

 

 

赤松は阪神にいた俊足巧打のレッドパイン⚾

広島いってスパイダーマン(ホームランをスパイダーキャッチしたのは有名)として活躍しましたねー。

中学時代、野球部で倖田來未と二遊間を組んでたエピソードの持ち主でもある。

(このアカマツと関係なくてすみません)

 

 

この倒木たちよ。。まさに要害だなぁ

3枚目なんてまたぐ時、右に落ちたら終わる!

 

 

ひたすらTHE 登山ですね

山があるのに山梨県🗻

 

 

中腹(不動曲輪)にいた不動明王、武田不動尊という

 

険峻にピッタリな山城だよ

 

山頂、到着しました。

諸説ありますが信玄生誕地でもあるようです。

信虎・信玄・勝頼の三代にわたって使用され、勝頼が新府城(韮崎市)へ移るまでの62年間、武田氏館(躑躅ヶ崎館)とともに武田氏の領国支配の本拠地となった山城です。

武田氏滅亡後も修築、再整備されましたが、1600年に廃城

 

他には何もない感じかなー

保存状態が良いといわれる遺構はちょっとよくわからぬ。

 

下山します

あんなに入口の駐車場に車あったのに誰ともすれ違わなかったなー

 

あとはもうひたすら

この長い長い下り坂を〜

ゆっくり〜ゆっくり〜下ってく〜♪

 

武田氏館に向かう途中、ここの自販機でモンスター購入。ハッピーでした★

 

スタンプはここ藤村記念館

スタッフの方が優しく声をかけてくださり、要害山城の縄張り図もいただきました。

 

このまま武田氏館(躑躅ヶ崎館)へ向かいます。

 

要害山城

・スタンプ設置場所

甲府市藤村記念館(無料)

午前9時~午後5時(月曜日休館)

・交通アクセス

甲府駅北口から積翠寺行きバスで15分+徒歩10分で登城口(駐車場あり)

第20登城 新府城(2024.4/29続日本名城127・山梨県)

精力的に動いた4月ラストは三泊四日の山梨、甲府旅☆

山登り、ウォーキング、スタンプラリーに費やしたほぼ東京不在の1ヶ月。

とりあえず甲府旅行でラストです。

 

新府城

山梨は武田氏ですね

武田氏、最後の城から開始

 

甲府までは東京からすぐなので夜行はなく昼行便で。2時間ちょっとの道のり。

 

前日、Jリーグの試合観戦で名古屋グランパスファン(名古屋サポ)に連れられ埼スタに行って13キロ程度のウォーキング。

この名古屋サポも相当なウォーキングキチで単日のウォーキング距離は私の川越ウォーキングを越えるほどの健脚っぷり。私の城巡り趣味のように年間二桁を越えるサッカー観戦を全国巡ってついでに街の散策してるので(これを20年以上?)筋金入りのサポーター&ウォーキングマンです。

Jリーグファンならわかる人にはわかると思いますが、いわゆるゴール裏で応援する人です。

歴史好きでもあるので地元名古屋(と岐阜)をいつかアテンドしてもらう予定です。

試合は浦和レッズに惜敗してましたが個人的にはレッズサポのブーイングや大応援を初めて生で見れてよかった(Jリーグ創成期に駒場に家族で行ってたようだがレッズサポの印象に特別な記憶はない)

 

疲れもありぐっすり寝れたので朝発といえど全回復でバスタ新宿

 

バスタ新宿甲府

(ホテルはその隣駅の竜王駅)

荷物をホテルに預け、竜王駅から韮崎駅

 

 

中田英寿を生んだ韮崎⚽

 

今回は初日のみレンタサイクルで。

 

滋賀旅行で7年ぶりに自転車乗って以来、好きになってしまいました。東京戻ったら買おうかな?と思うほど楽しい。坂は電動のパワーで登る🚲

 

新府城向かう途中、大きな白い像が。。

平和観音像というらしく調べたら

韮崎市民と登山者の安全を祈願して建立されたものだそうで、高崎、大船の観音とで関東三観音と言われています。 とのこと

ありがとうございます、気を付けて向かいます。

 

平和観音像からの見晴らしも良かったですね

 

まずは民俗資料館(観覧無料)へ

ドラマのロケ地だった場所みたいですね

まずはここでスタンプゲット♪

 

埴輪や土器もありました、あと黒電話があったけどこれは電話の歴史かな

 

そして新府城跡に到着

駐車場に自転車止めてアクシデント

カギが見当たらず、紛失してしまったようだ

約1時間半、必死の捜索で発見👀

これは焦りました。無事解決できて本当によかった。

 

気を取り直して登ります

 

いきなり249段の石段

ここ大河『真田丸』第一話で武田勝頼穴山梅雪真田昌幸が登ってたとこ!

 

着きました、この日は涼しくていいですね

 

ちなみに石段以外に緩やかな参道から登城するコースもある、石段は一切使わず女性でも気軽に登れるため乙女坂と呼ぶようだ

で、さっきの『真田丸』で石段を3人が登ってるところを信繁、信幸、矢沢頼幸が見つけて伺ってた場所がこの参道です。

 

新府城は短命の城で武田氏が滅亡する前年の1581年に武田勝頼によって築城

武田信玄の後を継いだ勝頼は信玄時代の本拠地、躑躅ヶ崎館からここに移す予定だったものの城下町が完成せず、信長の侵攻により城に火を放ち逃亡した未完の城です。

石垣を用いずに土塁と堀を重ねた武田流築城術だったようですが『真田丸』では昌幸が『新府は名城になる予定だったがまだ盤石とは言えない』と言ったように再起は難しかった。

 

武田勝頼公霊社の石祠

両側に並ぶのは武田十四将霊碑が祀られています、有名な二十四将ではなく十四人。これすべて長篠の戦いの戦死者です。

『どうする家康』でも長篠の戦いはまさに一方的な殺戮、松潤家康も言葉を失ってましたね。

 

個人的にはこの土屋昌次の長篠での壮絶な討ち死にと共に弟の土屋昌恒が勝頼の最期の天目山で片手千人斬りの異名をとって奮戦して死んだこの兄弟が好きです。状況が悪化して木曽、小笠原、穴山、小山田らが裏切っても武田氏への忠義を尽くし最後まで命運を共にしたのは武士の鑑と思います。

 

よし、ホテルに向かおう

 

帰りの道中で富士山の存在に気付きました💦

いや〜よく見える🗻

 

行きでは気づかなかったけどこの平和観音像は富士山の方を見てるんですね、それにしても素晴らしい景色でしたよ。

 

新府城

・スタンプ設置場所

韮崎市民俗資料館(9:00~16:30)

【休館日】月曜日、木曜日の午前中

・交通アクセス

中央本線新府駅より徒歩15分

私は民俗資料館でスタンプ押印もあったので1つ前の韮崎駅で下車してレンタサイクル10分で着きました

 

第19登城 二条城(2024.4/23日本名城53・京都府)

世界遺産文化遺産)二条城です。

この長旅旅行、最後にて上洛!

夜の二条城

 

草津駅滋賀県)から山科駅京都府)で乗換

ここからもう毛色が変わりましたね

市営地下鉄のホーム入り、まさに京都って感じです、発車メロディもそんな感じ。

 

二条城前駅下車、出口でたら目の前に見えました。外国人観光客、修学旅行生含め凄まじい人の数、これは彦根城より多い

券売機や窓口で5つ以上あったのに入城券並んだの城巡りして今のところ初。

人間て、人の混雑は嫌がるのにたった1人しかいないのも嫌な生き物ですよね。

今回の旅、超混雑ピーク登城とオンリーワン登城がありました。

喧騒は静寂があるからよくて、その逆もよし。

これこそ旅っすねー。

 

入城券+二の丸御殿観覧でいきます。

 

二条城は関ヶ原の合戦の翌年1601年に築城を開始し1603年完成、徳川家康の入城以降、1611年の家康と豊臣秀頼との会見や1614年の大阪冬の陣・夏の陣の軍議なども二条城で行われています。

徳川幕府の栄枯盛衰を見守ってきた貴重な歴史遺産、楽しみです❗

 

ちなみに中学の修学旅行で京都行ったけど二条城観光したか記憶にない、おそらく人生初観光じゃないかな

 

2017年に大政奉還150年を記念して、門の修復が行われ、江戸時代の華やかさが蘇りました。

そうです、第15代将軍徳川慶喜大政奉還を表明した歴史の転換点の場所なんですよね。

 

ここは別途有料施設ですがほとんどの人が入館してました。二条城には天守は残っていないものの、本丸御殿と二の丸御殿のニつの御殿があります。 特に国宝でもあるこの二の丸御殿は、現存する唯一の城郭御殿、 御殿群として残っているのは国内唯一。そりゃあ行きますよ。

 

二の丸御殿の内部撮影は完全にNGですごい高価なカメラを持ってた外国人観光客もさすがに自重してました。

たくさんの間があり、襖絵や天井絵等など障壁画も圧巻、特に見とれてしまった虎の絵は繊細な日本人のタッチでなければ書けないと思った。 

 

 

本丸御殿

修理事業がまだ伸びてるようで中には入れず。

公開は今年の9月からだという。(18年も着手してるんですね)

 

 

五重六階の天守閣があったが1750年の落雷で消失。天災は手厳しいわ

 

天守閣跡、天守台からの景色は素晴らしかったですねー。

 

 

敷地内で大の字で寝たい気分

きれいに手入れされてます

 

 

大休憩所〜おいでやす〜

 

日本刀展示  上から

虎徹孫六兼元、笠間一貫斎繁継

村正、政宗、来國俊

 

スタンプはここにありました。

 

おー、1ページがスタンプ埋まったの初!

 

桜づくしソフトクリーム食べました、1100円

そろそろ桜餅は時期が厳しくなりそうなので。

 

これ高いので手が届かなかったけど最後まで悩んだなー。黄金ソフトだってさ1980円

外国人向けだなー

ブログでも度々、いや頻繁に登場してますが私ソフトクリーム(特にコーン)が大好きなのです。

そしてこれは本当に迷った。

でもここはまた訪れそうな未来がある(その時は本丸御殿も)と信じて今は桜づくしソフトクリームにしました。

桜餅は鬼滅の刃甘露寺蜜璃には勝てないけど好きです。

 

帰りに職場の同僚から

ある門の門柱、飾金具部分に隠れ鳥(千鳥)がいるので見つけてください!と言われ、、

えー、なにそれ。もうスタンプ押して帰るとこだわ!って思って調べたら

大休憩所から出口すぐの東大手門に千鳥いました、最近になって修理事業された門ですね。そもそも入口です。

へぇー、これテレビでも紹介されて写真撮る人が続出してるんだって。

二条城行く人は是非探してください🐦

 

17時 閉館しました、博物館寄って滋賀から来たので観光ギリギリでした。

 

さて、まだ夜行バス発車時刻まで5時間ある

 

京都御苑まで歩いてぶらり

しかし当然、もう閉館してました

本来、二条城と京都御所は観光セットですよね

ワイ、変化入れて博物館をねじ込んだから。。

 

とりあえずずーっと直線を歩く

 

パトカー止まってて警察が門の前で立ってました、厳重だー。

 

ここ(蛤御門)は行っとかんと、禁門の変ですね。この戦いで散った長州藩久坂玄瑞は幕末志士の中でも上位人気ですよね

幕末大河って『新選組!』と『龍馬伝』しか見たことないから池内博之とやべきょうすけの久坂しか知りません。

池内博之の久坂は日本史で習った通り最後までイケイケの過激な尊攘派のまま戦死。まぁ主役は近藤勇ですからね、高杉晋作もセリフ一言で出てこなかったほど。

やべきょうすけの久坂は、たしかまだ時期早々かもしれないと悩んでたけど来島又兵衛らに煽動され、もうやるしかないって苦悩があった気がする。龍馬伝はDVDBOXでコンプしてますがもう10年は見てないからうろ覚え。

なぜか福山龍馬にまんじゅうで、日米の不当な交換レートを説明して龍馬がぶったまげる場面はよく覚えてる。

 

 

その後、近くの喫茶店でKYOTO Wi-Fi繋げて近隣の観光地調べたけど時間的に難しく

また戻って二条城付近のファミマのイートインで充電&写真の整理して夜を待ちました。

 

夜の二条城

これだけは撮っときたかった。

たっくさんランナー走ってました、江戸城(皇居)の外周みたい。

京都はたくさん観光名所あるのでまた行かなければいけないですねー。滞在半日もいなかった。

 

京都駅→池袋サンシャイン

24日5時半着(東京も雨でした☔)

お疲れ様でした❗

 

二条城

・スタンプ設置場所

大休憩所(二条城内)

・交通アクセス

地下鉄東西線二条城前駅」出口、目の前

番外編 琵琶湖博物館(2024.4/23観光名所④・滋賀県)

個人的に好きなレジャーは水族館と博物館(プラネタリウム

深海と宇宙は人間が住めず謎に包まれているから好きです。水族館に深海魚がいるわけではないですが。。

 

琵琶湖博物館

湖をテーマにした博物館としては日本で最大規模であり、淡水専門の水族展示を含め多彩な展示がある。とのこと

城巡り以外で楽しめる観光施設はないかと思い、滋賀県といえば琵琶湖、水族館とかないか?と調べてたどり着きました。

 

しかもここちょうど旅の最終日(4/23)が冒頭の写真の水槽トンネルが再開の日なのですよね。

22日は休館日なので日程合わせてました。

どうやら昨年、営業前に水槽が破損したらしいです、100トンの水が館内で広範囲に浸水。

営業中じゃなくてよかったですよね。

 

今回、四泊五日の滋賀拠点の長旅

計8城(1つ水族館)を巡る強行軍

最終日の五日目をチェックアウト後の夜行バス(京都駅で乗車)までに二条城を観光する中で

1日二城もしくは番外編観光のセットの組み合わせを予定してました。

 

1、伊賀上野城八幡山城

2、安土城観音寺城

3、小谷城と鎌刃城

4、彦根城佐和山城

5、二条城と琵琶湖博物館

かなりハードなスケジュールでした。

ホテルでゆっくりする日は1つもなかった。

 

事前に1と5は確定してて連泊中(3日目)の天候不良もわかってたので最悪どれを犠牲にするか悩んだ末、やはり彦根城安土城はちゃんと行きたい、雨での観光は嫌なので3を犠牲にしました。

 

結果的に思った以上に2の登城がきつくて2日目の夜の時点で明日、晴天でも小谷城しか登城できないだろうと思ってはいましたが、案の定当日は雨風強くサイクリング&ウォーキングでスタンプラリーのみ。

いつかは登城しなければならない宿題ができましたね。

 

最終日(23日)は5なわけですがこの日もあいにくの雨、一昨日も雨でしたから昨日で佐和山城彦根城を登城できてよかったです。

 

最終日、ラストの朝食

結局、パンは最後まで焦がしてたよ

起きてぼーっとしすぎだよ

 

琵琶湖線近江八幡駅から草津駅へ(近江八幡よかった、ホテルもファミマも駅徒歩1分だった)

草津駅西口バス停から近江鉄道バス琵琶湖博物館到着

今日はゆっくり観光メインで夜行バスにて帰ります。修学旅行生と小学生の課外授業と重なりとんでもなく騒がしかったけど。

 

水族館は楽しみ☆

博物館は琵琶湖の歴史って感じで、紀元前頃から縄文弥生あたりまでの生物の化石や人々の生活の紹介がメイン

てか、琵琶湖って日本最古に出来た湖って知ってましたが出来たの400万年前なんだ

100万年前から広がり始め約30万年に今の原型が出来た、とんでもない日本史の目撃者かつ長きに渡り人と共生してきた湖なわけだ。

 

とりあえず撮っちゃうよね〜こういうのは。

 

さて水族館へ

 

これです、この水槽トンネルが見たかった

本日4/23より再開

どうやらクラウドファンディングで募ってなんとか復旧できたようで、支援したと思われる地元の方々がツアーのような形で来館されてました。なので今日は特に来館者多かったと思います。

 

アザラシ

めちゃくちゃ爆睡してて両足でかいたり手を伸ばしたり寝相悪かったがたくさんギャラリー集めてた。

 

この水槽が破損したようだがこの子、元気でよかった。撮影してたらスマホ食べようとしたのか

サービスショットまで👅

 

読んだら噛んでしまう名前ばかりの魚たち

 

いや〜人生で二度も行かないであろう場所なのでしっかり楽しめました。

 

バスに乗り草津駅

草津駅から最後、京都へ向かいます。

 

 

琵琶湖博物館

・交通アクセス

JR草津駅「西口」2番バス乗り場から近江鉄道バス琵琶湖博物館行き 約25分

平日は1時間に1本なので注意